本番が近づきました!

3月29日に行われる入船山記念館でのコンサートプログラムが届きました!

本番も近くなったということで…プログラム内容を紹介します♪


①チャルダッシュ~鍵盤ハーモニカを使って~

②国際茶摘みフェスティバル~茶摘みのメロディーがいろんな国の音楽に大変身!~

③〝めだかの学校の運動会”変奏曲~入場・玉入れ・綱引き・フォークダンス・リレー…めだかの学校が変化します~

④宇宙戦艦ヤマト~呉…ですから~

⑤ピンクパンサーのテーマ~ピアノで弾くと結構ジャスっぽくてクールです~

⑥津軽海峡冬景色~演歌にも挑戦!~

⑦ルパンのフーガ~ルパン3世のテーマとバッハのフーガが夢のコラボです~

⑧ペールギュント 第1集Op.46

 ~朝・オーゼの死・アニトラの踊り・山の魔王の宮殿にて~


以上、クラシックを始め、童謡唱歌・アニメ・演歌などいろんなジャンルの曲を演奏します。

ピアノ連弾の楽しさを知っていただけると嬉しいです♪


4月12日(日) 愛音の会 定期演奏会です。

私の演奏曲は、以前にも紹介した通り「亡き王女のためのパヴァーヌ」(ラヴェル作曲)と「ペルシャの市場にて」(ケテルビー作曲)です。

2曲とも2台のピアノで演奏します。

私は大好きな曲がたくさんあって(ありすぎて)選曲にはいつも迷います。中でもフランス・印象派の作品が大好きで学生の頃はドビュッシーばかりを弾いていた記憶があります(笑)

ラヴェルも同じ印象派の作曲家。やはり音の重なり方が繊細で優雅で素敵です。今回機会があってこの曲を演奏できるというのは本当にうれしいことです♪

そしてもう1曲の「ペルシャの市場にて」は中東を思わせる民族色の強い曲です。にぎやかな市場の様子が目に浮かぶような曲です。(もちろん、行ったことないけど…)

10年以上前に2台ピアノで演奏されるこの曲を聴いて「楽譜買わなきゃ!」と即注文。…で、そのまま弾く機会がないまま…今回陽の目を見られてよかった(笑)

楽譜を収集しないと気が済まない私は、眠った楽譜が結構あります。

他の楽譜たちもちゃんと弾いてあげないと!…とあらためて決意しました。


ちなみに定期演奏会は、他にフルート演奏やソプラノ独唱、クラリネット独奏などもあり、聴きごたえのある内容だと思います♪