広響 くれニューイヤーコンサート

1月15日。

この日は珍しくすごい雪でした!

広島で33年ぶりとか言われるほどの積雪。

…にもかかわらず、こんな日に限ってコンサートのお手伝いが入っていました。

 

この日の仕事内容は影アナ。

コンサートの合間に案内のアナウンスをする役です。

 

雪の中、運転したくないな・・・。

でも、影アナだから休むわけにいかにし・・・。と、朝から思いつつ、何とか会場に着きました。

 

もちろん、途中大きな通りでも雪が解けていない状態。

慣れない雪にドキドキしながらの運転です!

こちらが私の仕事場。

緊張しながら原稿を読みます。

何とか、噛まずに読めました!

よかった!!

 

この日のコンサートプログラムは「ロシア音楽」。

チャイコフスキーのくるみ割り人形から「花のワルツ」、ムソルグスキーの「禿山の一夜」、リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」、ボロディンの「だったん人の踊り」、全部好きな曲です。

影アナなので、舞台下手からではありますが、聴けてよかった♪

 

そしてなんと、後半は私の大好きなラフマニノフのピアノコンチェルト第2番。

ソリストは、金子三勇士さん。若くて実力のあるピアニストさんです。

以前、金子さんの演奏を聴いて、とても感動したことがあったので、この日のラフマニノフも楽しみで仕方ありませんでした。

 

緊張はしたけど、近くで演奏も聴けて満足でした♪

これで雪がなかったら・・・もっとよかったのに。