定期演奏会終了♪

26日は愛音の会の定期演奏会でした。

今回もご来場くださったお客様、演奏会に携わってくださった皆様、本当にありがとうございました!

何とか無事に最後まで楽しく演奏することができました♪

 

↑ ↑ ↑当日リハの時の写真。

2台のピアノの並んだ画、素敵です♪

今回は2台のピアノと連弾の両方で出させていただいたため、2ステージありました。

 

最初はプログラム前半に2台のピアノ。

◎死の舞踏(サン=サーンス)

午前0時の鐘の音→死神のバイオリン→骸骨の踊り→夜明けを告げる雄鶏の鳴き声→逃げ帰る骸骨→静けさに包まれる

という情景を音楽で表している、興味深い曲です。

説明だけ聞くと不気味な感じがしますが、曲自体はコミカルな動きもあり、面白いと思います。

が、踊る骸骨と言えば、私の頭には「キン骨マン」しか浮かばない・・・悲しいキン肉マン世代です(笑)

◎シテール島への船出(プーランク)

この曲は学生のころに行った2台ピアノのコンサートでアンコールに演奏されていた曲でした。1度聞いただけで一緒に口ずさめそうなメロディーが印象的で、とてもかわいい曲です。お気に入りは終わり方。ちょっとおしゃれな感じ?フランスっぽいと私は思っています。

 

そして後半のピアノ連弾

◎「眠れる森の美女」より“薔薇のアダージョ” “ワルツ”(チャイコフスキー作曲/ラフマニノフ編曲)

昨年の後半からこの定期演奏会まで、ずっと弾いてきた曲です。

出会いは何となく話題だったから読んだ「四月は君の嘘」という漫画。

この話の中で主人公の男の子が弾いた曲だったので気になって調べたところ、「素敵な曲!!」と思い、演奏することにした曲です。

私としては、豪華な感じの薔薇のアダージョを気に入っていますが、ワルツもディズニー映画の音楽として有名なので、お客様には聴きやすい曲だったかな?と思っています。

2月・3月と3回の本番でこの曲を弾きましたが、しばらく弾かないと思うと少し寂しいようなホッとしたような・・・(笑)

 

今回も大好きな曲ばかり演奏させていただけて、本当に楽しかったです♪

反省点はいろいろありますが、それを活かして成長していけるよう、頑張ろう!!